akshota0407の日記

自分自身が書きたいことや伝えたいことを書くブログです。

過去問活用法

受験生の多くが10月になると、「いつから過去問をやればいいですか」や「どのように過去問を使っていけばいいですか」や「最新年度は取っておいた方がいいですか」や「第1志望校からやるべきですか」などのさまざまな質問が寄せられます。しかし、過去問の取り組み方は、勉強方法がたくさんあるのと同じように、答える人によって、やり方はたくさんあることは事実です。ここでは、私の考える「過去問」の取り組み方を書いていきたいと思います。

本題に入る前に、「過去問を解く」目的を知ることから考えてみることにしましょう。私は過去問の目的は、時期によって、2つの目的があると考えております。10月~11月にかけての目的は「自分の実力と志望校のギャップを知り、克服するための施策を考えること」、12月~直前期にかけての目的は「本番に向けた予行練習」であると考えています。しかし、12月~直前期にかけての目的に関しては、塾・予備校で志望校対策の授業が直前講習を使えば、補うことが出来ますので、「自分の実力と志望校のギャップを知り、克服するための施策を考えること」が最大の目的と言えるでしょう。このように、目的が明確になれば、どのように過去問を取り組んでいくべきか明確になります。

まずは、解き方に関することですが、試験時間と同じ時間で解き、終わらなければ延長して解くことを推奨しています。なかには、まとまった時間を取ることが難しいことを理由に、大問ごとに解く生徒もいますが、それでは「全体像」が見えないし、時間配分のシュミレーションが出来ないという理由からもおススメは出来ません。つまり、科目の力だけでなく、自分のコンディションや学習習慣も振り返りが出来る状態にしておくと、普段の勉強から意識しなければいけないことも見えて、改善するべきことが明確になることで、具体的な施策につながり、次の学習につなげることが出来ます。

他にも、どこの過去問から解くかという質問が寄せられますが、「第1志望校の最新年度から解くこと」を推奨します。その理由は簡単で、早い段階で、第1志望校でどのような問題が出題されているかを知り、自分の学力とのギャップを知れば、対策をする時間に多くを費やすことが出来るからです。これも「過去問を解く」目的をしっかり認識していれば、当たり前の答えになるでしょう。

このように過去問のメリットを伝えていきましたが、実はデメリットもあります。それは、「予備校や塾の授業」や「参考書・問題集」とは違って、体系的な学習が難しいことから、成績を上げる道具としては不向きであることです。実際に、過去問の解説を見てみると分かりますが、1:1対応の解説が多いことで、次に出題されたときに活かせないため、体系的な学習は難しいです。また、設問のレベル感が記載されていないため、これは入試で取らなければいけない問題なのか、あるいは捨て問なのか分からずに、捨て問の復習で時間を費やしてしまう可能性もあります。以上のことを考えると、過去問はあくまでも、「自分の弱点分野」を探すことが目的であり、「成績を上げる道具」ではないことを認識することが重要です。

受験生は「過去問をやること」に囚われて、目的を見失っている人が多くいます。「なぜ過去問をやるのか」の目的意識をもって勉強することが、どれだけ大切であるかを知った上で、取り組むことが必要なことを忘れずに取り組んでもらいたいものです。

本音で語ることの危険性

他人に自慢をしたくなることはあるだろうか? おそらく、意識的に自慢をしていることもあるが、無意識で相手が聞いたときに、自慢と感じてしまうこともあるだろう。だからこそ、発言には気をつけなければいけないし、時と場合や話す相手を間違えると危険性があることは誰しもが知っているだろう。今回はそんな「自慢」について、私の経験を基にお話をしてみたいと思う。

私は正社員として、教育業界で働いている。教育業界と言われると、どんなイメージをもつかは、人それぞれであるかと思うが、多くの人は「労働時間が夜型」や「残業が多そう」などのイメージを描くだろう。実は他にも、飲食業界より多くはないが、「アルバイト」を多く利用しているのも特徴的であり、教育業界もアルバイトなしでは、運営が成り立たないのが実態もある。つまり、アルバイトのモチベーションを上げたり、育成することも、社員にとっては重大な仕事であると言っても過言ではないのである。そんなことを踏まえた上で、今回の事例を考えてもらいたい。

ある大学4年生のアルバイトが「今日で5連勤です」と私に言ってきました。そのときに、みなさんならばどのような反応をするだろうか?私は、思わず少し間を空けてしまってが、「いつもありがとう、本当に助かってるよ!」と伝えました。おそらく、このような言い方をするのが正解であったと自分では思っているが、そこで少し間を空けてしまったのは、自分のアルバイト時代を軸に考えてしまい、無意識ではあるが自慢をしたいと思ってしまったからではないだろうか。

実際に、私のアルバイト時代は、5連勤は普通に起きることで、最大でも15連勤している自分にとっては、大したことではないだろうと自分軸で考えたり、自慢をしたいと無意識に思っていたのだろう。しかし、このような発言は、他者のことを考えていないし、アルバイトのモチベーションを上げるのも社員の仕事と考えれば、自分が思ったことを何でもかんでも発言するのではなく、取捨選択することが必要になってくるだろう。私はこのような経験を通して、すべて本音で語るのではなく、時と場に応じて、対応をしていくことの大切さを知ったのであった。実際に、このことは社会で上手く生きていくために、重要なことであるのかもしれない。

少人数指導とは言っているけど....

近年の教育では、私立の学校や教育業界を中心に「少人数制指導」という言葉を耳にする機会が多くなった。しかし、言葉だけが先行をしているケースも多くあり、実際に「少人数制指導」のメリットを活かしきれていないこともあるため、疑う必要がある。私もそのような経験をアルバイトをしていた塾や実際に受けていた学校からも感じることがあった。今回はそんな「少人数制指導」について考えてみたいと思う。

少人数制指導のメリットを考えたときに、多くの人が答える内容として挙げられるのは、「生徒との距離が近く、丁寧に見てくれる」ということである。しかし、少人数制指導が活かせる場は、時と場によることも理解しなければならない。例えば、講義型の授業では、少人数制指導のメリットは得られるだろうか。おそらく、少人数制で授業を行う必要はなく、大人数の授業でやっても、運営側の側面も受講している側にとっても、それほど大きく変わらないため、コストの面を考えれば、大人数の授業でやった方がいいだろう。つまり、少人数制指導のメリットには、「手厚さ」があり、添削や質問がしやすい環境などが揃っていることで、メリットが成立するため、授業が一方的に行われている環境では、何も意味がないのである。実際にアルバイトをしていた塾でも、少人数制指導であるにも関わらず、「一方的に教える」ことだけが仕事であると思っており、生徒の勉強状況や受験校を把握せずに、授業をしている講師がおり、少人数制指導という言葉だけが一人歩きをしていた。このように考えると、「少人数制指導」の実態を把握することが必要であることが分かるだろう。

また、塾に限って言うならば、運営側の都合により、少人数制指導は授業のレベルが少ない場合も危険が潜んでいることを認識しておきたい。このような場合は、レベル感がバラバラの生徒が混在している可能性があり、現在の学力や目指す志望校に合っていない可能性も考慮する必要がある。どうしても中小規模の塾では、教室の数や生徒数や収益面から見た場合に、たくさんの講座を置くことが難しいために、起きてしまう現象であり、そのようなことも考慮に入れながら、塾・予備校を選ぶ必要があるだろう。

以上のことを踏まえると、「少人数制指導」と聞けば、手厚くフォローをしてくれて、しっかり見てくれるという意味合いが内在しているという感覚になるが、授業の中身を見ていくことが必要になってきます。このように考えると、言葉で勝手に思い込みをしてしまい、実態を把握することを怠ることに危険性があることを実感させられるでしょう。