akshota0407の日記

自分自身が書きたいことや伝えたいことを書くブログです。

基準を設けるということ

どんな職場でも、仕事に対して前向きでない人とそうでない人がいる。人間は感情をもっているだろうし、全く同じテンションで仕事が出来る職場は残念ながらないだろう。しかし、ある程度の基準を設けることは大切だろうし、基準を設けなければ、どのような方向性で働けばいいのか分からなくなるだろう。今回は、職場における「基準を設けることの大切さ」についてのエピソードを書いてみようと思います。

このブログを過去にもご覧になっている方は分かると思いますが、私は教育業界で社員として働いています。教育業界と言えば、離職率が高いなどのマイナスイメージを抱く方も多いと思います。実際に厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)」によれば、新卒3年以内の離職率の平均は32.0%に対して、教育業界は46.6%になっています。つまり、教育業界では新卒3年以内で、ざっくり言えば2人に1人は辞めていることになっています。このように離職率が高い業界の中で、私の職場でも今年の4月からここまでに休職が2名、退職が1名と散々たる状況になってしまいました。休職の2名は体調不良で休んでいますが、いつまでに復帰をするかは分からない状況であるにも関わらず、本部から補充があるわけでもなく、そのまま校舎運営をするという状況が続いています。そんな状況の中で、残された私たちで校舎運営をしていかなければならない中で、ひとりに対する業務量が増えることで余裕がなくなり、ギスギスとした職場の雰囲気が生まれています。さらに、残された人の中でも、業務の負担量が人によって違っていたり、周囲のことを考えずに自分のことだけを考えて仕事をする人もいます。それが、評価を正しくされていれば別ですが、ただ業務量が増えるだけで、給料もさほど変わらなければ、忙しいからこそ何のために頑張っているのか分からなくなってしまうでしょう。このような状態は、「やりがい搾取」とも言えるかもしれません。

そんな中で、責任者はこれ以上休職・退職者を増やさないことを重点にしており、目先のことしか考えていません。その結果、個人によって能力や仕事に対する価値観が違うから、お願い出来る人にお願いするスタンスを変えることをしません。つまり、こんな状況でも、仕事をやる人とやらない人の二極化が生まれてしまい、仕事をやる人の残業時間はどんどん増えるばかりです。さらに、仕事をやる人とやらない人の関係性は悪化して、校舎の雰囲気は悪くなっていくのではないでしょうか。だからこそ、私は「基準を設けること」が大切であると思います。緊急事態だからこそ、責任者として、何を優先して取り組むのか、時には捨てる勇気も必要なのではないかと個人的には思うのですが。

新たな戦略

教育業界の中でも学習塾業界は、少子化新型コロナウイルスの影響により、厳しい状況が続いているところが多い。私が働いている学習塾でも、4月から授業料や講習の料金が値上げをすることで収益を出している。そんな中で、新規事業などに取り組んでいる学習塾業界に関する記事を見つけたので、今回は書いてみたいと思います。

6月6日の日本経済新聞では、「ベネッセホールディングスが子会社を通じ、東京の中学受験塾に進出する。2024年をめどに4校開くほか、5割出資するお茶の水ゼミナール(東京・千代田)の予備校事業もてこ入れする。」ことが掲載されています。ベネッセホールディングでは、兵庫・奈良・大阪・京都の近畿地方を中心に、進学館をアップが運営してきましたが、首都圏の進出は行っていませんでした。そんな中で、中学受験の人気が高まる社会的な背景も影響をして、2023年2月に渋谷校、2024年をめどに池袋や吉祥寺など3カ所にも教室を開校予定となっている。また、ベネッセとアップが5割ずつ出資し、業績が伸び悩むお茶の水ゼミナールのてこ入れにも着手することが記事では述べられています。どこの塾でもやっていることですが、中学受験というフィールドを新たに設けることで、長く通ってもらう機会をつくり、受験が終わったら塾を辞めるのではなく、継続してもらうことで収益を確保する狙いもあるのではないかと思います。その背景には、学習塾業界がどうしても対象が狭くなりがちであり、大人までを囲い込むことが難しいシステムにあるでしょう。実際にお茶の水ゼミナールは、中高一貫校を対象とした中学生クラスもありますが、中学受験に向けたコースがないため、継続生をより確保することは出来ません。このような背景もあり、中学受験に力を入れる体制を作っていくことで、お茶の水ゼミナールの収益を上げていくことが目的もあるのかもしれません。また、難関中学・高校に合格した生徒は、難関大学にも合格しやすいことからも、仮に授業料を安くしたとしても、合格実績につながるため逃したくないという塾側の運営面もあると思います。どこの塾でも小中高のコースが多くある中で、通信事業が中心だったベネッセもそのような体制を首都圏でも作っていこうという計画なのではないかと見てとることが出来るでしょう。

このような「新たな戦略」として、事業拡大という視点で見てきましたが、少子化の中で「校舎数を増やす動き」もあります。例えば、栄光ゼミナールの高等部である大学受験ナビオでは大船校を7月1日開校することがホームページで公表されています。実は大学受験ナビオは神奈川への進出が顕著であり、昨年度12月に横浜校を開校していたり、新百合ヶ丘校も2年前に開校しており、神奈川に勢力を伸ばしています。もちろん、神奈川にはステップ・臨海セミナー・湘南ゼミナールといった神奈川に拠点をもつ強い塾がたくさんある中で、どのように勢力を伸ばしていくのかも重要になるでしょう。さらに、近年を見ていけば、臨海セミナーが千葉県・埼玉県に勢力を伸ばしており、新規開校も毎年のように行って勢力を伸ばしています。そんな中で、少子化が進み、レッドオーシャンという環境下でどのように顧客を取り込んでいくのかも生き残るカギになるでしょう。

【参考記事】

ベネッセ、東京で中学受験塾 新たな収益源に :日本経済新聞 (nikkei.com)

業界トップクラスの予備校講師 ②

今回は第2弾ということで、河合塾・ワークショップで英語を教えている成川博康先生を紹介していきたいと思います。成川先生は毎年締切講座を出し、授業も分かりやすい人気の先生です。高校グリーンコースでは、新宿校・秋葉原館・大宮校・南浦和現役館・柏校に出講しており、今年度も新宿校では締切、秋葉原館・南浦和現役館・大宮校では締切間近(6月2日現在)となっており、レギュラー授業も残席が少なくなっています。今回はそんな大人気の成川先生について書いてみようと思います。

成川先生の授業は、「なるべく丸暗記をせずに理解をして解けること」に重点を置き、概念や考え方も合わせて教えてくれる先生で、とても分かりやすく人気が高いです。先生の授業で寝る人はほとんどいませんが、寝る人や授業の雰囲気を乱すような人がいた場合は、退室されて今後一切授業を受けることが出来なくなりますので、注意が必要です。主な授業は、高校2年生・難関私立大向けの講座を担当していて、高校グリーンコースでは「私大英語」、「高2スタンダード英語」を担当しています。講習会では、レギュラー授業と同様の講座に加えて、夏期・冬期講習では「テーマ英文法・語法」の講座を担当しています。特に「テーマ英文法・語法」の講座は毎年どこの校舎でも締切になったり、増設されることもあるほどの人気があります。特に、「英語に対して苦手意識がある人」や「成績が上がらなくて悩んでいる人」にはおススメの先生です。さらに、私も受験生のときに、講習で受講をしたことがありますが、テキストの問題を1問も飛ばすことなく、チャイムが終わるのと同時に授業が終わり、延長をせずに授業を組み立てられているのは、まさに芸術と思えるほどでした。さらに、2020年に行われた「法政大学の入試対策講座」においても、長文と文法を解説しながらも、今後の勉強方法も合わせてお話をして、80分という決められた時間の枠で、伝えるべきことをすべて伝える技術は、マネが出来ない授業であると思います。他にも、授業内で配布される先生が作った独自プリントでは、復習がしやすいような体裁になっており、テキストの問題から派生した知識まで書かれているので、情報量も多いため、復習や自宅学習の参考にもなります。また、映像授業では高校グリーンコース「私大英語」の2学期を担当しており、河合塾マナビスでは「英文法・語法(レベル2)」「英語読解総合(レベル3)」を担当しており、多くの講座を担当しております。

さらに、赤羽にあるワークショップでは、土曜日に出講されております。こちらの塾は、大手予備校で活躍されている先生たちで設立した塾であり、予備校では100人規模になってしまう授業がプロ講師の授業を少人数で受けられるのはワークショップの最大の特徴です。通常授業では、高校生全学年を対象に「深めて解ける英文法」・「深めて解ける英文読解」、高校3年生のGMARCHや国公立・難関私立大受験生を対象に「英語総合」を担当されております。ワークショップでは、成川先生のオリジナル教材を使った授業なので、河合塾とは違った先生の授業を見ることが出来るかもしれません。

あまり知られていないとは思いますが、成川先生はAERAという雑誌の2019年12月30日~1月6日合併号「はたらく夫婦かんけい」の記事では、夫婦で出演しております。授業中もプライベートの話はほとんどしませんので、意外な一面も見ることが出来たり、この雑誌を読んで「成川先生が結婚をしていること」を知りました。興味がある方は、ぜひAMAZONからも購入出来ますので、ご覧になってみてください。

話は少し脱線しましたが、高校2年生や受験生で、夏休みに英語の成績を上げるためにどうすれば悩んでいる人や少しでも興味がある方は、先生の授業を受講することをおススメします。特に河合塾の夏期講習で行われる「テーマ英文法・語法」は成川先生が担当している授業の中でも、先生の個性が出ているのでおススメです。河合塾の場合は、塾生申込で締切の可能性があるので、受講を検討している場合は、一般申込が始まった段階で申込することをおススメです。担当する講座は、河合塾のホームページでご確認ください。

 

【書籍情報】

Amazon.co.jp - ENGLISH BOOSTER 大学入試英語スタートブック | 石川和正, 里中哲彦, 成川博康, 早川勝己, 村瀬亨 |本 | 通販

Amazon - 成川の「なぜ」がわかる英文法の授業 (大学受験Nシリーズ) | 成川 博康 |本 | 通販

深めて解ける! 英文法 INPUT (大学受験Nシリーズ) | 成川博康 |本 | 通販 (amazon.co.jp)

Amazon.co.jp - 深めて解ける! 英文法 OUTPUT (大学受験Nシリーズ) | 成川博康 |本 | 通販

AERA (アエラ) 2019年 12/30-1/6 合併号【表紙:木村拓哉】 [雑誌] | |本 | 通販 (amazon.co.jp)

河合塾・関連リンク】

成川 博康 担当講座一覧 | 関東 | 高3生 | 講師一覧 | 講師から探す | 講座案内・時間割 | 高校グリーンコース | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

成川 博康 担当講座一覧 | 関東 | 高2生 | 講師一覧 | 講師から探す | 講座案内・時間割 | 高校グリーンコース | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

成川 博康 担当講座一覧 | 関東 | 高3生 | 講師一覧 | 講師から探す | 講座案内・時間割 | 夏期講習(高校生・高卒生) | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

成川 博康 担当講座一覧 | 関東 | 高2生 | 講師一覧 | 講師から探す | 講座案内・時間割 | 夏期講習(高校生・高卒生) | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

【ワークショップ・関連リンク】

北区赤羽にある難関大学現役合格をめざす大学受験専門塾 ワークショップ (workshop-prep.com)

河合塾マナビス・動画関連】

【講座ダイジェスト】英文法・語法(レベル2) / 成川博康(英語)【河合塾マナビス】 - YouTube

【河合塾マナビス】講師インタビュー:成川 博康(英語) - YouTube

【成川先生と森田先生のコラボ動画】

河合塾トップ講師成川先生と対談 - YouTube

予備校講師は儲かるのか?【河合塾成川先生コラボ】 - YouTube

成川先生の成り上がり方 - YouTube

成川先生の予備校での下積み時代 - YouTube

成川先生の大学時代と塾バイト - YouTube

成川先生が予備校講師を目指すきっかけと大学で学んだこと - YouTube

【ワークショップ・息抜き動画】

(467) 英語 成川博康先生 ワークショップ赤羽 - YouTube

(467) 成川博康先生☆息抜き/リラックス方法について【ワークショップチャンネル#7】 - YouTube

(467) 成川博康先生☆息抜き/リラックス方法について<その2>【ワークショップチャンネル#8】 - YouTube

【成川先生・記事】

朝日新聞デジタル:英語長文化にどう対処 - 東京 - 地域 (asahi.com)