akshota0407の日記

自分自身が書きたいことや伝えたいことを書くブログです。

過去問 VS 予想問題

受験シーズンが到来する中で、直前期にはこんな質問を多く受ける。「過去問」と「模試や直前講習などの予想問題」のどちらが効率よく勉強できるのかと質問されるが、おそらく人によって考え方が割れてしまう質問であるだろう。もちろん、わざわざどちらかを選び論争にする必要はなく、両方やればよいと考える方もいるとは思いますが、限られた時間で効率よく勉強をしたい直前期の受験生にとってみれば、質問をしたくなる気持ちも分かるだろう。それは受験生側だけでなく、予備校側にも影響をしている。例えば、ある予備校は、今まで志望校対策の直前講習は「オリジナル予想問題」を採用していたが、「過去問」に変更となった。このように「過去問」と「予想問題」をどららを勉強していくかはたびたび議論になるだろう。今回はそれぞれのメリットやデメリットを交えながら、効率よく勉強するための方法を紹介していきたいと思います。

① 過去問

過去問は実際に出題された問題であるため、配点までは分からないことが多いが、何割ぐらい出来たかの自己採点から、志望校までの距離や時間配分などの本番想定で出来ることが大きなメリットである。他にも、「どんな分野が出題されやすいのか」や「どんな傾向があるのか」などの敵を知るという意味での役割としても大きな意味がある。しかし、特に旧課程から新課程に変わると、出題範囲が変わることで、近年の本番形式で合わせて演習することは難しくなり、予想問題の方が本番に近い形になることもあるだろう。

② 予想問題

予想問題の良いところは、各塾や予備校の直前講習や市販の問題集を使えば、かなり練習量をたくさん確保できることである。例えば、市販で売られている赤本であれば、3年分~5年分が一般的であるため、練習量をたくさん確保することが難しい。しかし、あくまでも予想問題であるため、本番の入試と比べてしまうと「質」が落ちてしまう。その理由には、そこまでの労力や時間が「入試問題」とは大きく異なっている。例えば、入試であれば1年単位で問題を作成されることは多いが、模試やテキストの予想問題は1年単位で作ることはマレである。もちろん、そこに当てられる「時間」や「経費」も大きく異なり、どんなによいものを作っても劣ってしまうのは、仕方がないことではある。

ここまで、「過去問」と「予想問題」のメリット・デメリットを伝えてきました。私は使い分けて勉強をしていけばよいと考えており、中立の立場ではあります。その理由は、あくまでも「過去問」や「予想問題」を解くことは、志望校に合格するための手段であり、問題を解くことが目的ではありません。例えば、早稲田大学政治経済学部のように、過去問が少ない場合で、本番と近い形の練習をしたい場合は、予備校の直前講習で「早大政経)総合問題」の講座を受講すればよいと思います。また、試験時間内で解けるかどうかを試すために、「過去問を解く」の目的意識が大切だと思います。もちろん、教育業界ではたらく私にとっては、立場上、直前講習の講座に誘導をしますが、「本番の最終確認のリハーサル」と目的を明示しており、緊張感をもった環境で、実際に解きシュミレーションできるのは、予想問題(直前講習)の売りになる1つでしょう。(問題は劣ってしまうかもしれませんが)受験生には、残りの期間を有効的に使ってもらうために目的を明確にして、手段を選ぶことが必要とされているのでしょう。

東海道新幹線「自由席と指定席」論争

新年初めての投稿になります。昨年に引き続き、教育業界を主なテーマとして、投稿をしていきます。また最近は更新頻度が低めになっていますが、月に3本~4本のペースで投稿を続けていく予定ですので、今後もよろしくお願い致します。

このように前置きしましたが、新年1回目の投稿ですが、今回は教育業界とは別のテーマで、「新幹線の自由席と指定席論争」でお伝えをしていきたいと思います。みなさんも少なからず1回ぐらいは、東海道新幹線を利用したことがあるとは思います。東京から名古屋に向かう場合は多くの方は「のぞみ号」を選択して、お盆や年末年始などの利用者が多いときは、指定席を選ぶ方が多いとは思いますが、通常日では指定席と自由席でさまざまな側面で迷う方も多くいるのではないでしょうか。今回はさまざまな側面で比較をしていきながら、紹介をしていきたいと思います。

まずは大前提として、「自由席と指定席」の選択で迷うとすれば、東海道新幹線に限った話になるでしょう。その理由は大きく2つあり、1つ目は、JR東日本が管轄している東北新幹線はやぶさ」、秋田新幹線「こまち」、山形新幹線「つばさ」、北陸新幹線「かがやき」は全車指定席のため、自由席という選択がないため、利用する場合は自動的に指定席となるからです。2つ目は、東海道新幹線の運行本数がかなり多いことが挙げられます。臨時運転の列車も多くあるので、一概には言えない部分もありますが、1月18日の東京駅10時代ではのぞみ号は6本設定されており、単純計算をすれば10分間隔で運行されています。これだけ多くの新幹線が運行されていることになると、少し早く着いたから1本前の新幹線に乗ることも自由席ならば、何も手続きなしで乗車出来るのも自由席の特権ではあるでしょう。(※指定席でもEX予約を利用すれば、EX予約専用ICカードでの改札入場前またはきっぷの受取前、かつ変更前の列車の出発時刻前なら、スマートフォン・パソコンから何度でも変更が出来ます。)この2点目も東海道新幹線以外では、本数も過密に設定されていないことからも、自由席のメリットは発揮することは難しいでしょう。もちろん自由席には、必ず着席が出来るという保証はありませんので、混雑状況によっては、始発駅から乗車する場合に限った話になることもあるでしょう。

少しお話を進めていきましたが、「自由席と指定席」の料金に関する違いを見ていきましょう。JR東海ではインターネットから新幹線のチケットを購入できる「スマートEX」というサイトがあり、そこから申込をすると通常に窓口で買うよりも、「東京・品川~名古屋」の場合に指定席は200円(通常予約をした場合)安く買うことが出来ます。このEXで予約をした場合に、指定席と自由席を比較すると、早得などを利用せずに指定席で乗車すると、「東京・品川~名古屋」であれば、片道10900円かかるのに対して、自由席は片道10560円となり、340円の自由席の方が安く行くことが出来ます。のぞみ号は自由席が1~3号車と少ないですが、東京駅から乗る場合は始発であり、本数も十分に確保されているので、座れなければ次の新幹線で行くことも考えれば、指定席にする必要がないかもしれません。また、料金という面で言えば、21日前までに指定席を予約をすれば、EX早得21ワイドが適用されて、座席変更が出来ないことはデメリットではあるが、「東京・品川~名古屋」であれば、片道11300円かかるところが、9800円となるので、自由席よりもさらに760円安く乗車することが出来て、座席も確保されます。何を重視するのかで変わりますが、価格重視であれば「EX早得21ワイド」はお得でしょう。

東京・品川~ 名古屋【片道】
通常料金(指定席) 11300円
EX予約(指定席) 10900円
自由席(通常期間) 10560円
EX早得ワイド21 9800円

話は少し脱線をしてしまいますが、EX予約には注意点があります。それは、通常の券売機や窓口で買った場合には、「東京都区内」「大阪市内」といった所定の乗車券に適用される「特定都区市内制度」は適用されますが、EX予約の場合は適用されません。例えば、新宿から中央線で東京駅に行き、東海道新幹線名古屋駅で下車した場合は、窓口や券売機で購入すると「東京・品川~名古屋」の運賃で、東京都区内に新宿駅は該当するので、別途運賃を徴収されることはありませんが、EX予約の場合は別途料金がかかります。EX予約は通常の券売機や窓口で購入するよりも安く設定されていますが、注意が必要です。

話を元に戻すと、自由席と指定席の論争ですが、のぞみ号の場合は自由席は1~3号車になるので、改札口から遠いことが多いので、自由席よりも指定席を選ぶ方も多いかもしれません。このように「東海道新幹線の「自由席と指定席」論争」ですが、みなさんはどのような選択をしますか。なかには、グリーン車という選択をする方もいるかもしれません。さまざまなニーズに合わせた設定をしているからこそ、需要が高い路線として成長しているのかもしれません。また実施にJR東海の鉄道事業における収益の88%(2020年度)を東海道新幹線が占めており、収益構造の根幹となっており、今後もJR東海の成長を支える路線として発展をし続けていくのでしょう。

【参考ページ】

EX予約サービス|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約 (expy.jp)

収益構造|JR東海 (jr-central.co.jp)

赤本チャンネル

今回が年内最後の投稿になります。年を越せば受験シーズンが到来することなり、大学受験では共通テストを皮切りに入試が始まり、共通テストまで残り17日と迫ってきました。国公立大学はもちろんのことですが、私立大学も大学独自試験と併用する大学もあることから、共通テストの重要性は年々高まってきています。そんな中で、今回は大学受験を目指す受験生に向けて、勉強方法や入試傾向などのアドバイス動画を投稿している「赤本チャンネル」というYOUTUBEチャンネルを紹介します。ぜひ、必要に応じて動画を確認していただき参考にしていただければと思います。

まずは「赤本チャンネル」は、教学社が運営しているチャンネルで、12月29日現在はチャンネル登録者数は7570人ですが、有益な情報を発信しているので、みなさんに紹介をしたいチャンネルです。ちなみに教学社は、大学受験で過去問のほとんどを出版していおり、表紙が赤であることから「赤本」と呼ばれ、受験生の多くは「過去問」のことを「赤本」と言うほどに定着をしているほどです。そんな教学社が行っている「赤本チャンネル」がYOUTUBEにコンテンツを提供しているのですが、業界トップクラスの予備校講師が動画に出演をしているだけではなく、また予備校の垣根を越えており、私が注目をしているポイントでもあります。つまり、業界トップクラスの講師から見た分析やアドバイスであり、参考になることが多くあるでしょう。年末年始で塾・予備校の自習室が休みになることも多い中で、勉強で息抜きをするコンテンツとしても、役立つ内容になるでしょう。

さてここからは具体的な動画の中身についてお伝えをしていきましょう。12月29日現在の投稿されている動画は、「英語」に関する動画で、駿台の竹岡先生、河合塾の山添先生・宮下先生・森先生の4名が各大学を分担するような形で動画が構成されています。また、過去をさかのぼると、河合塾の玉置先生と森先生のスペシャル対談や登木先生の特別授業も掲載されています。他にも、ショート動画では、勉強方法や受験生に聞かれる多くの悩みを解決してくれる動画を中心に掲載されています。主に河合塾の講師が中心ですが、駿台の竹岡先生にも出演しており、教学社から出版されている参考書を出版している方を中心に出演をしています。どの先生も各予備校で締切講座を出すような人気の先生であることからも、プロの視点から切り込んだ話を動画ではしております。1つずつの動画を紹介するよりは、実際に見ていただいた方が実感していただけると思いますので、以下に今の時期におススメ動画を概要欄に掲載しておきますので、今の勉強状況や志望校などに応じて、ご視聴ください。今後も順次掲載される可能性もあるので、要チェックです。

最後に、私が印象に残った動画を紹介しておくと、竹岡先生が「すべて人生において締切があり、間に合わないのではなく、間に合わすようにするしかないこと」を伝えています。竹岡先生の言葉を借りれば、残された時間をどのように使えるかどうかが、合否を分けることになるのでしょう。当たり前ですが、受験は一種の競争であり、残念ながら全員が第1志望校に合格を勝ち取ることが出来るような甘い世界ではありません。最後のラストスパートで、「いかに人よりも努力出来るのか」は大切なことであるのは間違えないです。それが、森先生の動画で伝える「後悔のない納得のいく受験」につながるのでしょう。しかし、教育業界に携わっていますが、「どんな結果も受け入れるような後悔のない受験」をすることはいかに難しいかも実感させられます。少しでも受け入れられるためにも、出来ることは「悔いのない勉強」をすることが必要になってくるでしょう。

【勉強方法関連】

【受験生必見】効率がアップする過去問の使い方をプロが解説 - YouTube 山添先生・宮下先生

【受験生必見】実は試験の落とし穴…〇〇に書けば点数は伸びる- YouTube   森先生

【受験生必見】年末年始をどう過ごすかが大切 - YouTube 森先生

【受験生必見】 英語の勉強をやる前に- YouTube  竹岡先生

 【受験生必見】勉強のやる気が出ない時…これで解決です- YouTube  宮下先生

【共通テスト関連】

【共通テスト】コツを掴んで高得点を獲得!確実に9割を取る究極の勉強法 - YouTube  竹岡先生

【難関国公立大学関連】

東京大学を攻略する方法とは、ずばり○○力です - YouTube 竹岡先生

京都大学を攻略するには○○○の訓練が必要です - YouTube    竹岡先生

北海道大学  ◯◯の理解がカギになる!英語の入試対策を大公開 - YouTube  宮下先生

東北大学 ○○を気をつけないと自分が損をする結果になります。 - YouTube  森先生

一橋大学 問題を解く時間で、99%決まります。 - YouTube 森先生

名古屋大学  合格ラインを超えるコツとは! - YouTube  宮下先生

大阪大学 英語のプロ直伝!合格のカギは『オールラウンドな英語力』 - YouTube 山添先生

神戸大学  多くの受験生が苦手な問題を受験のプロが解決します! - YouTube  宮下先生

同志社大学   ○割取れないと落ちる…  傾向と対策 - YouTube   山添先生

広島大学を志望している人は見てください - YouTube 山添先生

【関連リンク】

業界トップクラスの予備校講師 ① - akshota0407の日記 (hatenablog.jp)