akshota0407の日記

自分自身が書きたいことや伝えたいことを書くブログです。

赤本、20年ぶりに表紙デザインを変更!

大学受験の過去問シェアではナンバーワンである教学社の「赤本」が20年ぶりに表紙デザインが変更をされるというニュースが舞い込んできました。今回は教学社のホームぺージやネット記事などの情報から、表紙デザインが変更になった経緯や個人的な感想や意見を含めて、ブログで紹介をしていきたいと思います。

教学社のホームページによると、表紙デザインの変更のために、高校生にヒアリング調査からスタートをして、そこから得られた意見やニーズを組みとりながら、高校生が使いやすい赤本を作り上げたということ。実際のヒアリングから「赤本の色は鮮やかすぎてプレッシャーを感じる」や「志望校が周囲にばれるので、持ち歩くのが恥ずかしい」という意見が上がったということでした。確かに、赤は目立つことや志望校も太字で書かれていることから、販売する側であれば多数の本がある中で選んでもらうためには「目立つ」ということは必要ではありますが、高校生から見るとマイナスのイメージを持っていたことを知ったということでした。また、今の高校生にとっては、赤のイメージとして「威圧」を感じることも多くなっているという時代の変化も関係をしているようでした。確かに、私が高校生のときにどこの大学を受験するのかを知られたくないという気持ちもあり、ブックカバーをつけて過去問を解いていたこともあった記憶があります。そこで、創刊70年を迎える赤本の伝統を守りながら、高校生に寄り添った「赤本」にするために表紙デザインを変更に踏み切ったということでした。実際に表紙のデザインを見てみると、「赤色を基調としながらも、最上部の鉢巻きの色をミントグリーンにするなど淡いパステルカラーを採り入れた。中央には2025年の「5」を丸くデフォルメしたデザイン。黒字の大学名もフォントを小ぶりにして、柔らかな印象に仕立てた」ということ。新デザインの赤本は5月から刊行されていますので、ぜひ注目をしてみてください。

このように時代や世代が変われば、顧客が求めていることも大きく変わります。そんな中で、顧客に寄り添えるかどうかは大切になってくるでしょう。特に受験業界の書籍は、参考書は星の数ほど多くあるため、顧客が手に取ってもらえるような表紙やレイアウトを考慮した上で、分かりやすいや勉強のしやすいと思えるものが選ばれていくことで、生き残っていくでしょう。どんな業界においても、当たり前ではありますが、顧客視点は大切な考え方ですが、今回の記事を通して、再認識をさせられた内容であると感じました。

【参考文献】

「赤本」創刊70年 20年ぶりに表紙デザインを刷新 そのわけは? :朝日新聞デジタル (asahi.com)

創刊70年「赤本」の表紙刷新 ミントグリーンで親しみ (msn.com)

Z世代が恐れるイロハラ…!?大学受験“赤本”の表紙がリニューアル 「鮮明な赤にプレッシャーを感じる」「威圧感があっていかめしい」(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース

「赤色がプレッシャー」赤本リニューアルの舞台裏 - ABEMA的ニュースショー【日曜ひる12時〜生放送】 - 名場面 (ニュース) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA

作業と仕事の違い

今回はいつもとは変わった視点で「新卒がこの時期に感じている」ことや退職になる要因を自分の経験に基づきながらブログを書いてみたいと思います。この内容を書こうと思った理由の1つには、YOUTUBEの教育百貨店チャンネルに掲載されている動画(ゴールデンウィーク明け 新人は飛ぶぞ (youtube.com))を見て、自分も共感できた内容であったので、今回はこちらの内容を題材にブログを書いてみたいと思います。この動画と合わせて、ぜひブログも最後までお読みいただければと思います。

まずは、この動画では「新卒が辞めてしまう理由として、仕事ではなく作業をしている」ということが原因と語っています。教室にいる先輩社員や責任者の立場から見れば、限られた人員で自分の仕事もやらなければいけないこともあり、教える時間もないし、新卒は何も出来るわけではないのだから、作業を中心とした業務になってしまうのは仕方がないのではと思うかもしれません。しかし、教育業界は少ない社員で校舎を運営していかなければいけないため、辞められてしまうのは校舎全体にとって不利益を被ることは間違えないでしょう。そんな中で、新卒をどのように上手く仕事に向き合ってもらうのかは管理職の大切な仕事であると思います。そのために「新卒がなぜこの会社に入ったのかを考えること」は重要であり「少なくとも作業をしたくてこの会社に入社した人」はいないでしょう。そんな中で、現在の20代は良くも悪くも見切りが早く、「作業ばかりさせられる仕事であれば自分の思っていた仕事と異なるため転職を考える人」も多くはない現状を踏まえると、作業と仕事のバランスがいかに重要であるかは納得ができることでもあるでしょう。

さて、このように考えていくと、新卒だけではなく異動をした社員でも同じことが言えるのではないでしょうか。例えば、私が異動をした校舎で経験したことは、本来はアルバイトの仕事である「自習室カードの受け渡し」や「電話の初期対応」などの社員がやることで、人件費の削減や「作業」を中心とした業務が多いため、やりがいを見出すことが難しい環境でもありました。誤解がないように言うと、誰かはやらなければいけないことではあるし、もちろんアルバイトに作業系の業務を任せればよいという訳ではなく、バランスが大切であることを伝えたいです。他にも、「この資料を入力してくださいや登録をしてください」などの単純作業にやりがいを見出すことは難しいのではないでしょうか。そのような作業の仕事が増えていった結果は、やりがいを感じないことにつながり、自分の必要性も感じなくなり、転職という選択を選ぶことになるのではないかと私は思います。新年度が始まり1か月半が経ち、そろそろ自分のやるべきことや立ち位置がなんとなくイメージが出来るようになる時期だからこそ、いろんなことを考える時期に直面していると思います。ぜひ、後悔のない自分の人生にするためにも、視野を広くいろんなことを考えることで、自分のやりたいことや適していることが見えてくるかもしれませんね。

新しい環境でスタート!

今回は私的なお話になりますが、少しだけお付き合いいただければと思います。私は4月で新卒から社員として働いてる会社の4年目となりました。入社1年目と2年目は、営業実績も良い校舎であり、募集面にはあまり困ることがない校舎で勤務をしていて、とにかく毎日が忙しい校舎ではありましたが、さまざまな経験値が得られた校舎でした。一方で、3年目に配属された校舎はギリギリ黒字という校舎で、業務面の苦労というよりは「どのようにして生徒を集めるのか」や「利益を出すための経費削減」などを強いられる校舎であり、量よりも質が求められる校舎であり、真逆の校舎に配属をされました。振り返ってみれば、少しは経験になったかもしれませんが、仕事量が少ないことにより、やりがいを感じることが出来ないことや自分の決定権が少ないこともあり、上から目線になりますが自分を成長してくれる人がいないこともあり、異動を希望しました。その結果、念願の異動が叶った形になり、新たな部署に異動をすることになりました。

さて、新たな部署では今までの部署と異なり、東大・京大・医学部などの最上位大学を目指すための校舎に異動となりました。昨年度まで勤務をしていた校舎とは異なり、勉強に対して前向きである生徒ばかりで、以前にいた校舎では、高校3年生が部活動で19時の授業が間に合わないといったこともないような生徒です。もちろん、考え方はさまざまなので何が正しいとかはありませんが、大学受験に向けた意識が高い高校生です。また、授業時間も大きく異なり、高1・2生でも基本的には180分授業であり、高3生は講座によっては210分や長い授業では300分の授業時間が設定されています。私の今まで勤務をした校舎や塾の中でも、経験をしたことがないような異次元な空間ではありますが、新たな環境で経験値を増やしていくことで、自分のキャリアを成長していきたいと考えています。今後も塾業界で携わりたいと考える自分にとっては、視野を広げるチャンスでもあると思います。まだまだ上位生指導やその大学の専門知は深められていないことも課題であるため、この1年間は勉強の1年にしていきたいと思います。

今回のブログは決意表明が中心となってしまいましたが、次回以降のブログでは「教育」に関する内容でお届けする予定なので、今後もこちらのブログをよろしくお願いします。