akshota0407の日記

自分自身が書きたいことや伝えたいことを書くブログです。

リモートワークによるライフスタイルの変化

新型コロナウイルスの感染者数が増えている状況の中で、働き方も大きく変わってきている。国はリモートワークを推奨をしたり、数年前では想定することが出来なかったことが起きており、急激な変化に対応できることが求められているだろう。さらに、新型コロナウイルスIT化も強めたり、ライフスタイルの変化にもつながり、必要とされる技能や能力も変わっている。そんな中で、今回は働き方の変化に関する興味深いニュースについて書いてみようと思う。

そのニュースは、IT大手のヤフーが発表したニュースである。現在、ヤフーでは全国におよそ8000人いる社員や契約社員などの9割が現在テレワークを行っており、出社を指示された場合には翌日午前11時までに出社できる場所に、住むことになっています。これでも、住む場所の自由度は高いでしょう。さらに、この内容に加えて、今年の4月から、飛行機による出勤も月額15万円まで認めることになりました。その結果、多くの日本の場所で住むことが可能になり、ライフスタイルが大きく変化することが見込まれ、地方やリゾート地に住むことも可能になります。例えば、札幌から飛行機で通勤することも可能であり、6時16分に札幌を出れば、東京駅には10時21分に着くことが出来ます。さらに、博多駅を6時20分に出発して飛行機を利用しても、東京駅には9時37分に着くことが出来ます。このように、今までは通勤のことを考慮に入れて、会社から1時間以内に住むことが多く、さらに東京の中心部になればなるほど家賃なども高くなるため、物理的にも金銭的にも制限があった。しかし、リモートワークの効果は、ライフスタイルを大きく変えることにつながり、地方創成にもつながるかもしれません。

このようにヤフーの取り組みを見てきましたが、日本全体を見ればヤフーのような会社が多いわけではありません。実際にコロナ以前と同じように、出社をしている会社は多くありますし、リモートワークが普及していない会社も多くあります。このような会社は、変化に対応できていないと見ることも出来るかもしれません。さらに、会社が生き残るために必要なことの1つに、「時代に対応できる力」とよく言われます。このように変化の激しい時代だからこそ、変化を受け入れる姿勢やチャレンジ精神がさらに重要度が高いのかもしれません。

【参考文献】

ヤフー国内どこでも居住可に…飛行機出勤も(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

よくある直前期の質問

共通テストまで残り3日となり、大学受験が始まろうとしています。そんな中で、毎年最後の授業で受験生に配布していたプリントを今回は公開してみることにしました。受験生にとって、参考になれば幸いです。

よくある直前期の質問

入試まで残り数日という、「何を重点的に勉強するべきか」や「試験に対する不安」といったことに対しての多くの質問や対処法について自分が受験生のときも先生に聞きにいったことを覚えている。きっと、受験生は多くの不安を感じているだろう。その質問について、今回は答えてみたいと思う。

Q: 「何を重点的に勉強するべきか?(直前期)」

A: 暗記系の科目を中心的に勉強するべきです。理科や社会など覚えれば、すぐ得点源になる科目を重点的にやるべきです。しかし、数学や英語のような科目も勉強をしないと点数が落ちます。英語に関して言えば、単語と文法や語法は十分まだ伸ばすことができます。気がついたらすぐに勉強を開始!

Q:「試験に対する不安をどうすればなくせますか?」

A: とにかく勉強をして、自分が苦手分野をなくすことです。できるようになれば、自分に自信がつき不安は少し解消されるでしょう。どうしても不安を感じて、勉強が手に負えなくなったら、自分の得意な科目を勉強して自信をつけよう!

Q:「入試で緊張を和らげる方法はありますか?」

A: 入試で緊張をするのは当たり前です。人が緊張するのは、想定外のことが起きたときに緊張します。入試は想定外なことだらけです。想定外を想定内にしておくことで少しは不安を和らげることができると思います。他の受験生も緊張していることは間違えないので自分だけだと思わないことが大切!

Q:「試験中にできない問題が出てきたら?」

A: 絶対に1つの問題にこだわらないこと。最後までしっかり問題を見て、できる問題から確実に点数をとっていくこと。休み時間にも言えることが、終わった試験のことを考えるのでなく、次の科目の勉強をする(切り替える)!

最後に・・・

残り数日を大切に悔いのない勉強をしていってほしいと思います。たとえ結果が上手くいかなくても、「自分が悔いのない勉強をできたか」は今後に大きく影響します。試験開始まで、少ないようで多くの時間が残っています。1分1秒を大切にして勉強を進めていこう! それでは、全力で頑張ってきてください!

教育業界の今後について【大手予備校】

教育業界は、子どもの数が減っていることからも分かるように、なかなか厳しい業界であるのは言わずもないだろう。例えば、2014年に代々木ゼミナールが校舎の7割を閉鎖したニュースは記憶に新しいだろう。さらに現在では、個別指導や映像授業の塾が当たり前の時代にもなっている。他にも、スタディサプリや学研プライムゼミなどの自宅でもプロ講師の授業が視聴が出来る環境も整備されるようになり、さまざまなニーズに合わせて選べるようになった。専門的に言うのならば、教育業界はレッドオーシャン状態になっている。そんな中で、生き残りをかけた争奪戦が始まっているのである。今回は、大手三大予備校と言われる、代々木ゼミナール駿台河合塾に着目して、話を進めていきたいと思う。

代々木ゼミナール

昨年を振り返ると、代々木ゼミナールYOUTUBEに力を入れた印象が大きかった。例えば、世界史の佐藤幸夫先生と化学の亀田和久先生が12月に早慶直前対策イベントを行った。さらに、今年度から駿台代ゼミで共同で行われるようになった、早大オープン・慶大オープンに向けた広報イベントとして、駿台の英語科講師斎藤資晴先生と代ゼミの数学科講師荻野暢也先生がYOUTUBEで予備校の垣根を越えて行われた。業界全体が難しい中で、ライバル同士である予備校が共同といった一面も見られた出来事であった。さらに、代ゼミでは従来「春期講習」ではなく、体験授業を置いていたが、来年度から早期獲得を意識した「春期講習」を開講することがホームページ上に掲載されており、東進ハイスクールのように早期特典として、講座を無料で受けれるようになっている。今まで以上に、新しい取り組みから、新規獲得を狙っている。代々木ゼミナールは、自校舎だけでなく、代々木ゼミナールサテライン予備校として、塾に映像授業を販売もしており、そこからも収益を得ている。今年度の直前講習はすべて映像授業で行われたりと、予備校業界としては大胆な行動とも見える。このように代々木ゼミナールは、さまざまな取り組みを行う姿勢は、今後も注目をするポイントになるだろう。

駿台

駿台予備校と言えば、首都圏であればお茶の水校を本拠地としており、現代文科講師の霜先生、「大学への数学」を執筆している数学科講師の雲先生、他にも優秀な講師陣が揃っているだろう。さらに東海・関西地区で言えば、ドラゴン桜のモデルとなった、英語科講師の竹岡先生もいるように、予備校業界の優秀なトップ講師が所属している。しかし、駿台の場合は、優秀な人材を地方に送らない傾向が強く、その結果もあり、今年度をもってあざみ野校と藤沢校が閉鎖することが決定した。一方で、コロナウイルス拡大影響もあり、今年度は自宅で見ることが出来るオンライン授業を提供することを始めた。もともと全国でトップ講師の授業は映像授業で提供をしていたこともあり、スムーズに対応が出来た背景であるかもしれません。一方で、先ほど紹介した竹岡先生は、駿台の映像授業も学研プライムゼミでも出演をしており、さらに共通テスト対策講座は両方あり、予備校に所属という言葉はないかもしれませんが、対立構造を生む可能性もあるでしょう。さらに、駿台代々木ゼミナールと同様に、実力派講師にはオリジナル講座を担当することが出来るのも特徴的である。一方で、講習の時間割を見ると、人気や実力のある講師とそうでない講師では、コマ数のひらきが他の予備校よりも大きい。このように見ていくと、「いかに人気実力派講師の授業に人を集めることが出来るか」が生き残るために鍵となっていくのかもしれません。

河合塾

河合塾駿台代ゼミと違って、単科ゼミをもたないことは特徴的である。チームでよりよいテキストを作っていく姿勢があり、全国で統一されているのが特徴的である。さらに、多くの予備校では、人気がある講師を受験学年だけを担当するとがほとんどである。しかし、高校2年生から早期獲得を向けて、人気講師を高2と高3で担当させることで、講座運営を行う方向を加速させている。今までも現代文科人気講師の木村哲也先生や英語科人気講師の成川博康先生などは、このようなことをやっていたが、これまで以上に加速するような動きが見受けられた。例えば、柏では隼坂先生が高2のスタンダード古文を担当したり、あざみ野では天倉先生が高2のトップレベル英語を担当するようになる。今までも入塾金無料キャンペーンや講習時に共通テスト講座500円キャンペーンなど早期獲得に向けた動きもあったが、講師で選ばれる予備校だからこそ、生き残りをかけて質を向上するための取り組みがより激化したように思える。さらに、河合塾は古くなった校舎はリニューアルをすることで、生徒が勉強をしやすい環境づくりを行っている。昨年度であれば名駅校と池袋校、今年度も千種校と自由が丘校がリニューアルする予定である。このように見ていくと、長期的に通ってもらうために、早期に選んでもらう予備校を目指した戦略を成功することが、今後の生き残りをかけて重要になってくるだろう。

このように三大予備校を見てきたが、それぞれの予備校が生き残りをかけて戦略を立てている。この三大予備校は、それぞれがライバル同士であるのはもちろんだが、東進ハイスクールをはじめとする映像指導塾、高校受験でお世話になった塾で大学受験コースがある塾、勉強スケジュールに特化した武田塾、個別指導塾などさまざまなライバルがいる中で、自身の強みを売りに出来るかが重要になってくる。新年度に向けて、いかに生徒数を確保できるかどうかは、冬期講習の今から戦いは始まっているのだろう。

【参考文献】

校舎大幅削減の代々木ゼミナールから見える予備校業界の実情とは(THE PAGE) - Yahoo!ニュース

代ゼミ、校舎の7割閉鎖へ 柏、津田沼など20校、来春以降募集せず | 千葉日報オンライン (chibanippo.co.jp)

大学受験予備校の代々木ゼミナール (yozemi.ac.jp)

【オンラインイベント】世界史・化学で差をつける!代ゼミ人気講師が教える早慶直前対策&お悩み相談会 - YouTube

【アーカイブ版】代ゼミ×駿台の人気講師に聞く!魔の10月を乗り越えるための受験力向上講座 - YouTube

【高校生】現役オンライン授業|大学受験予備校 駿台予備学校 (sundai.ac.jp)

大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

共通テスト対策講座 | 講座案内・時間割 | 冬期・直前講習(高校生・高卒生) | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)