akshota0407の日記

自分自身が書きたいことや伝えたいことを書くブログです。

あなたならどうしますか?

早速ではありますが、みなさんに質問です。『あなたは高校生に予備校で集団授業をしています。あなたはたまたま授業中に「スマートフォーンをいじっている生徒」を1人見つけたとします。そのときに、何人以下の授業であれば、授業を止めて、あなたは注意をしますか。それとも人数に関係なく注意をしませんか。』という問いです。この質問で重要になってくるのは、集団授業であるため、ひとりのために、注意をすることで、授業がストップしたり、授業の雰囲気を害することで、全体に影響を及ぼすリスクがあるということです。一方で、他人に迷惑をかけていないのだから、無視するという考え方もあるでしょう。みなさんなら、どうしますか?

ここではあくまでも私の考えは、「1クラスが20名程度であれば注意をしますが、それ以上では注意をしません」。このような考え方をする理由には、学校教育との差別化があります。もちろん、学校によって1クラスの人数は異なりますが、30名程度であることが多く、この人数を超えない20名程度であれば、塾・予備校は学校と差別化しているものとして、「個」を見ていることを伝えるべきだと思うので、授業の様子や生徒ひとりひとりと向き合う必要が出てくるでしょう。しかし、学校と同じ規模の人数やそれ以上になれば、「個」よりも「集団」を意識して授業をする必要があるため、全体のモチベーションを上げることや分かりやすさが追求される授業が求められることになるでしょう。だからこそ、言い方は悪いかもしれませんが、1人に構っている時間はないので、このようなことが起きたときに無視するという判断をする人もいるでしょう。

この問題では、教室による生徒数を限定して考えていますが、もちろん自分の中にポリシーがある人や正義感で注意をする人もいるでしょう。冒頭でもお伝えをしましたが、何が正しくて間違っているのかをここで議論をするつもりはありませんが、果たしてどのような意見が多いでしょうか?

この事例を通して、お話をしたいことは、塾・予備校業界は少子化の影響もあり、生徒数の減少は今後避けられません。そんな状況の中で、従来のような授業方法から変える必要があるのではないでしょうか。一方的に授業をするのではなく、生徒に寄り添ったり、質問対応をしたり、集団授業ではあるけれでも個も大切にする雰囲気づくりが求められてくるのかもしれません。そのような塾・予備校が残っていくのかもしれません。

それぞれの立場で物事を考える

以前でもこのブログでも「教育業界におけるアルバイトの重要性」については述べているが、アルバイトがどこまで協力をしてくれるのかは人によって異なると思う。今回はアルバイトと職員になって経験したことを織り交ぜながら、具体的に書いてみようと思います。あらかじめ言っておくと、今回の内容は「これが答えである」ということを伝えたいのではなく、あくまでも人によって価値観が異なるので、どれが正解というものはないので、その点を注意して読んでもらえると嬉しいです。

私は大学4年生のときに、室長と新入社員の2名が勤務している教室で塾講師としてアルバイトをしていた。新入社員は新卒採用で教育業界のアルバイトをした経験もなかったこともあり、すべてをイチから学ばなければいけないこともあり、かなりオーバーワークになっていた。室長から依頼された仕事が終わっていないことで注意を受けることもあったりして、最終的にはこの新入社員は半年で退職することになった。話を簡潔にまとめ過ぎている箇所もあるが、ざっくりと言えばこのようなことだろう。その結果、本部から補充が来ることもなく、この教室は社員が1名となり、他はアルバイトで校舎を回さないといけない状況になってしまった。その結果、大学4年生である私は、大学の授業も少ないことや教育業界に就職をすることもあったので、校舎の開閉室やアルバイトを取りまとめや受験校面談などの社員レベルの仕事をお願いされるようになった。会社という視点で言えば、本部から社員が来ない状況で、室長が毎日出勤することは不可能であるから、アルバイトに社員レベルの仕事を依頼するのは、室長としては、残された正しい選択であることは理解が出来ます。また、私としても、この経験が今の自分を作っている部分は大きいことを考えると、大変だったこともあったけれど、多くのことを学べたので、私にとってはプラスになっています。しかし、冷静によく考えれば分かると思いますが、実際にアルバイトが私と同じように考える人は少数派であり、あくまでも、お金を稼ぐ手段であったり、教室が人手不足で困っているのは会社の問題であり、アルバイトに社員レベルの助けを求めるのは間違っていると考えている人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。最初にも言いましたが、何が正しいとか間違っているとはありませんが、このようなことが現状ではないでしょうか。

さて、ここからは私が教育業界に就職をして、社員になったときのお話です。そのときにも、残念ながら休職者が2名出てしまい、本部からしばらくの間、補充はありませんでした。もちろん、アルバイトに協力を依頼することをしていきましたが、ある先輩はアルバイトにすがる思いで助けて欲しいと言っていましたが、それを聞いてアルバイトはどのように思うのでしょうか。私のように考える人も少数派としているかもしれませんが、心の中では、「社員や会社の問題であり、こちらに助けを求めるのは間違っているのでは?」と疑問に思っていたかもしれません。

さて、教育業界はアルバイトなしでは運営が出来ない業界です。このように少しでも協力的な存在になってもらうためには、アルバイトに対しての日頃からのコミュニケーションや接し方が大切なのは間違えないでしょう。勤務に入ってくれるのが当たり前という考えは捨てて、感謝の気持ちを伝えたり、他愛もない話をすることも時には必要なのかもしれません。最後に自分の職場の悪口を言うわけではありませんが、私の職場はアルバイトに対して無関心な人が多いです。アルバイトがいなければ、校舎運営が出来ないことを再認識してもらいたいものです。

業界トップクラスの予備校講師 ③

今回は第3弾ということで、河合塾英語科講師の幸長修平先生について書いてみようと思います。幸長先生は、高校グリーンコース(現役生)では、池袋校・大宮校・立川校・横浜校に出講されております。昨年度は河合塾の夏期講習・冬期講習は、全講座で締切となるほどの人気講師であり、今年度から、新たに横浜校にも出講するようになりました。業界が縮小する中で、このようにコマ数が増える講師は、ほとんどいない中で、コマ数が増える先生はなかなかいないでしょう。そんな時代の中でも、大人気の幸長先生について紹介をしていきたいと思います。

私も実際に幸長先生の授業は以前に夏期講習で「知らないと損する熟語・イディオム」を受講したことがありますが、先生の授業は生徒の「やる気」を引き出す熱血授業を展開する先生です。授業で使用するプリントも入試で頻出する内容を関連付けて覚えるために工夫されており、このようなさまざまな側面で生徒からも信頼があり、人気がある先生なのでしょう。また、幸長先生は『「読めない」を「読める」に変える英文読解の入門教室』という本も出版されています。この本では、英文法や文型などを初歩から学びたい人にはおススメの参考書で、基礎学習者が英文法と読解の架け橋となる参考書になるでしょう。

ここからは少しマニアックな話にはなりますが、実は幸長先生、昨年度までは秀英予備校の静岡本部校にも出講しておりました。この秀英予備校ですが、予備校を語る上では切っても切り離せないことがあります。それは、スタディサプリやたくさんの著書を出版している英語科の関先生も以前は秀英予備校に出講しており、その後継として幸長先生が出講していました。幸長先生は秀英予備校でも、締切になるほどの人気講師となり、大手予備校に抜擢されることになりました。このような観点からも、今後この業界を引っ張っていく先生になるだろうと思いながらも見ていました。今後は河合塾などの大手予備校でさらに多くの校舎で出講をしていく先生になっていくのではないでしょうか。

それでは、最後に幸長先生が担当する高校グリーンコース(現役生)と10月10日(月)から申込受付が開始される冬期・直前講習の担当講座を紹介します。

【高校グリーンコース】

月 18:00-19:30  高3  私大英語   立川校

       20:00-21:30  高2  スタンダード英語 立川校

火   18:00-19:30  高3  GMARCH英語 大宮校

  19:50-21:20  高2  スタンダード英語   大宮校

木 17:20-18:50  高3  私大英語 池袋校

  19:20-20:50  高2  スタンダード英語  池袋校

金    17:30-19:00  高3  GMARCH英語 横浜校

   19:30-21:00  高2 スタンダード英語  横浜校

【冬期・直前講習】

12月13日(火)~12月17日(土)  15:20-16:50   高3・卒 私大英語総合   池袋校

12月13日(火)~12月17日(土) 19:20-20:50  高3・卒   私大英語総合   横浜校

12月19日(月)~12月23日(金)  13:20-14:50  高3・卒  私大英語総合  大宮校

12月19日(月)~12月23日(金)  17:00-18:30  高3・卒  私大英語総合  立川校

12月19日(月)~12月23日(金)  18:50-20:20  高2  スタンダード英語 大宮校

12月26日(月)~12月30日(金)10:50~12:20  高2 スタンダード英語 大宮校

12月26日(月)~12月30日(金)  15:20-16:50  高2 スタンダード英語 池袋校

12月26日(月)~12月30日(金)  19:20-20:50  高2 スタンダード英語 横浜校

1月17日(火)~1月18日(水) 13:20-16:40  高3・卒  ファイナル私大英語テスト  大宮校

1月20日(金)~1月21日(土) 13:20-16:40  高3・卒  ファイナル私大英語テスト   横浜校

1月23日(月)~1月24日(火) 13:20-16:40  高3・卒  ファイナル私大英語テスト   立川校

1月25日(水)~1月26日(木) 13:20-16:40  高3・卒  ファイナル私大英語テスト 池袋校

【関連リンク】

SHUHEI YUKINAGA(幸長 修平) WEB SITE (shuhei-yukinaga.com)

幸長 修平 SHUHEI YUKINAGA(@Shuhei_Yukinaga)さん / Twitter

「読めない」を「読める」に変える 英文読解の入門教室 | 幸長 修平 |本 | 通販 (amazon.co.jp)

【高校グリーンコース】

幸長 修平 担当講座一覧 | 関東 | 高2生 | 講師一覧 | 講師から探す | 講座案内・時間割 | 高校グリーンコース | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

幸長 修平 担当講座一覧 | 関東 | 高3生 | 講師一覧 | 講師から探す | 講座案内・時間割 | 高校グリーンコース | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

【冬期・直前講習】

幸長 修平 担当講座一覧 | 関東 | 高2生 | 講師一覧 | 講師から探す | 講座案内・時間割 | 冬期・直前講習(高校生・高卒生) | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

幸長 修平 担当講座一覧 | 関東 | 高3生 | 講師一覧 | 講師から探す | 講座案内・時間割 | 冬期・直前講習(高校生・高卒生) | 大学受験の予備校・塾 河合塾 (kawai-juku.ac.jp)

【ブログ・関連リンク】

業界トップクラスの予備校講師 ① - akshota0407の日記 (hatenablog.jp)

業界トップクラスの予備校講師 ② - akshota0407の日記 (hatenablog.jp)